洗濯してもお亡くなりにならなかったBluetoothイヤホンのお話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が愛用するBluetoothイヤホンは「JayBird BlueBuds X」です。このBluetoothイヤホンを洗濯機にかけてしまったけど、なんとか復活したお話です。

事の発端

2014年9月30日の朝、「rebuild.fm聞きながら出勤~」と思って、いつものようにイヤホンを胸ポケットに入れようとしたら、いつもの場所に無いんですよ。

一瞬「あれ?」と思ったけど、昨日着たシャツの胸ポケットから出してなかったかも?と、クローゼットにあるシャツを見に行ったら、そのシャツがないんです。

・・・朝まわした洗濯機にそのシャツを投入してました。胸ポケットにイヤホン入れたまま。

「やらかした!」と思って開けようとしても、ロックがかかって開けられるわけもなく。

洗濯中でもロックの解除方法があるのかもしれないけど、解除できたとしても、既にグイングイン洗濯中だし、あきらめて出勤したんですね。

出勤中

朝の通勤中にPodcastが聴けない。なかなかのストレスです。iPhone附属のイヤホンで聴いてもいいんだろうけど、一度、線のないイヤホンに慣れてしまうと、iPhoneとイヤホンが線で繋がっているなんて不安で仕方ないんですよ。なので、代替えイヤホンがあっても使いません。

amazonの購入履歴から製品ページを見ると、防汗仕様とは書いているけど防水仕様とは書いてない。もし防水仕様って書いてたとしても、洗濯機にかけても大丈夫って意味じゃないから、何の意味ないんですが。ってことで、まぁ壊れただろうと。

次に購入するとしても、ボックスレスのBluetoothイヤホン以外は考えられませんので、ググったものの、「JayBird BlueBuds X」を超える製品は見つかりませんでした。

どうせ買うなら早いほうがいいってことで即決、ポチっと購入しましたよ。

帰宅後に生存確認

帰宅後、洗濯機の中からイヤホンを取り出し、一縷の望みに賭けて電源ONの操作をしましたが、うんともすんとも言いません。「Turn on. Headphones connected.」って言ってくれない。

念のため、充電ケーブルを挿してみたんですが、すぐに緑ライトが点灯して満充電のお知らせ。ここでようやく、壊れたことを自分の中で受け入れられることができました。

ポチった新品届く

さすがamazon。新品「JayBird BlueBuds X」が早々に届きましたよっと。 iPhoneの空き容量が少なめなので、未再生Podcastが溜まるとすぐに「空き容量がありません」って怒られていたので、ようやく消化していけます。

イヤホンを洗濯してしまってから一週間

本体は壊れていても、イヤーピースは再利用できると思い、壊れた方のイヤホンからイヤーピースを取り外そう。と思ったのですが、手元に丁度電源ケーブルがあったので、何気なしに接続してみると、赤ライトが点灯して充電開始のお知らせ!!

そのまま30分ほど充電して、電源を入れてみると。

「Turn on. Headphones connected.」復活!

中に入ってた水分が時間とともに乾いて直ったのかなぁ。嬉しい!

ってことで、「JayBird BlueBuds X」は防汗仕様ですが、運が良ければ洗濯にも耐えることがあります。(自己責任でどうぞ)

【まとめ】JayBird BlueBuds Xの愛すべきポイント

  • 無線なので何かに引っ掛けけてしまうこともない。
  • ケーブルを短く折りたためるので、装着時に頭に完全にフィットする。
  • バッグやポケットにしまっていても絡まることがない。
  • 競合商品よりも待ち受け時間、再生時間が長い。
  • 防汗仕様。汗による故障は交換補償あり。
  • 洗濯に耐えることがある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする