ニキビができて、気づいたらWebサービスが完成してた話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月末、口の周りにニキビが数個できてたんですね。人生、初ニキビですよ!

 

ひげを剃る時にカットしちゃって血が出たり、どうしても気になって触ってしまい、触りすぎた結果、血が出たり。

 

きちんと食べてしっかり寝れば治るかと思いきや、全くそんなことはなく、結局、お医者さんのお世話になることにしたんです。

 

 

”新大阪 皮フ科”でGoogle検索すると

いつものその検索結果の右側にデーンと安心のGoogleMapsが表示されました。地図がぐりぐり動いて見やすいからついそちらをクリックしてしまいます。

google検索結果

 

クリニック・診療所の公式ホームページが見たい

Googleマップの検索結果には大きな病院ばかりが並ぶなか、アクセス良さげな診療所に渋谷ヒフ科クリニックが見つかりました。

でも、検索結果を見ると、クリニック名・住所・電話番号だけ。

渋谷皮フ科クリニック

 

電話をしてみると、診療時間外だったのでつながらず。えっと、次は何時に電話したらいいんでしょうか。。

 

私が今回の検索結果で見たかったのは、診療時間と休診日、予約が必要かどうなのか。先生やクリニックの雰囲気が見れたらなお良し。

 

クリニックや診療所って、あまり頻繁にお世話になるわけじゃないけど、いざ行く前には、公式ホームページで正しい情報を見たいものです。

 

自動生成されたサイトがずらりと並ぶ

”新大阪 皮フ科”などでGoogle検索すると、どこかの病院データベースからページを自動生成しただけだろ、ってサイトが1位からずらりと並びます。

google検索結果_2

 

自動生成された(と思われる)だけあって、どこも表示される情報はほぼ同じ。

取ってつけたような口コミ機能があったりするけど、口コミは無し。ステマすらない。

残念。

 

 

今回のGoogle検索の結果として私が期待したのは

1位がクリニックの公式ホームページであり、2位以降はその診療所を受診したことがある患者さんのブログやツイートかな。

 

Googleさん、自分に甘くないかい??

 

 

クリニックや診療所のホームページをプログラムなしで作れるサービスを作ってみた

過去に某クリニックのホームページ作成に携わり、今も運用をさせてもらっている経験や、仕事の関係でクリニックのホームページをよく見ているから気づくんですが、クリニックや診療所がホームページで発信すべき情報(患者が見たい情報)ってのは、どこの医療機関もあまり差はないんです。

 

クリニック名、最寄り駅、アクセスの仕方、診療時間、電話番号、予約の要不要、など。ある程度はテンプレート化できるんじゃないかと思うんですね。

 

病院を検索して、見た目だけいい感じで中身の無い、Google+の検索結果が出てくるのは勘弁いただきたいのです。

 

ってことで、「クリニックや診療所のホームページを簡単に作成できるサービス」を作成しました。
http://iko.la/cl/

 

使ってもらいたいクリニックさんは、

・新規でクリニックを開業します。
→ぜひ、使ってください。

・現在、ホームページを持っていない。
→ぜひ、使ってください。

・何年も前にホームページを開設しているけど、まったく更新がない。
→ぜひ、使ってください。いつでも、簡単に更新できます。

・スマホ対応させたいけど、費用が。。
→ぜひ、使ってください。標準でスマホ対応しています。

 

 

まずは、バージョン1。その次は??

まずはスモールスタートさせてみますが、どんどん機能追加していきたい。

 

職員募集のテンプレページや、「インフルエンザ予防摂取の予約を開始しましたよ」などのお知らせページや、クリニックの写真を取り込むとかね。引き続き、開発を続けていきますよ。

 

 

というわけで、クリニック・診療所向けホームページ作成サービス、ホームページを持っていない医院さんにご紹介してあげてください。

 

 

 

ってことで、ニキビができたら、Webサービスができたお話でした。

一気に作ったので、作成したというよりは、気付いたら完成してたという感じです。

 

堀江さんの「ゼロ」 を読んで、没頭できたからだと思います。これはまた後日、記事に書きます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする