アディダスenergy boostが気づかせてくれた1つの大切なこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

アディダスのランニングシューズenergy boost。

試用レポや感想を見ると、「感動!」「高く跳べそう」「めちゃくちゃ跳ねる」「雲の上を歩いているみたい」などなど、称賛だらけ。

購入しましたので試用レポートしてみます。

 

ちょうどランニングシューズを1足探していたところだったので、お店で試用させてもらうことにしました。


Soccer Supply / Magic Robot

 

期待値あげまくりでショップに行き、試し履きをして軽く歩いてみました。

かかと部分のソールが非常に厚く、不思議なぐらいクッション性がありました。

同時に、つま先部分のソールの薄さを感じました。

また、今持っているランニングシューズより格段に軽かったこともあり、その場で購入しました。

 

energy boostを履いてランニングをした最初の印象は、「ん?boostのクッションがまったく効かない・・・。」

正直、合わないシューズを買ってしまったと、一瞬後悔しました。

 

違和感を感じながらも走り続けていると、”そもそも、一切、踵が地に着かない走りをしてるんじゃないか”ということに気付きました。

 

 

私はずっと短距離走が好きで、これまでつま先で走っていたため、長距離ランであってもつま先走りの癖が抜けません。

そもそも、つま先走りをしていたことすら知りませんでした。

 

そこで、足の裏全体が着地するように走ってみると、跳ねます跳ねます、boostのクッションが!

なるほど、自分のフォーム(足の運び)が正しくなかったんですね。

 

そこからは1歩1歩、boostのクッションを感じながら走ることができました。

 

 

energy boostは自分のランニングフォームが間違っていることに気付かせてくれました。

 

言いかえれば、boostを履くと自然と正しいランニングフォームに矯正してくれるんじゃないかと思っています。

 

 

ランニング初心者である私なりの感想だったのですが、いかがでしょうか。

 

同じようにつま先走りの癖が抜けない方や、energy boostを購入したもののクッションが活かせられていない人は参考にしてみてください。

カラーはブラック、レッド、ブルーの3色。レディースはブラックとピンクの2色あるようです。

 

energy boost | adidas

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする