PhoneGapを使って、WebアプリからiPhoneアプリを作る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PhoneGapがあれば、Webアプリから簡単にiPhoneアプリを作ってくれます。

必要なファイルの準備

Dashcodeを使ってさくっとWebアプリを作ってください。

Dashcodeの共有メニューにあるディスクに保存ボタンを押します。

HTML、css、Javascriptファイルなどなど、必要なファイルが生成されます。

PhoneGapのダウンロード

PhoneGapにアクセスして、「Download PhoneGap」からダウンロードしてインストールしてください。

PhoneGapは、Dashcodeのテンプレートプロジェクトとなります。ツールやコンパイラなどではありません。

Xcodeを起動する

新規Xcodeプロジェクトを選択します。

f:id:noriya_y:20110114021225p:image

PhoneGapテンプレートを選択します。

f:id:noriya_y:20110114021226p:image

適当なプロジェクト名を付けて保存します。Xcodをすぐ閉じます。

Dashcodeプロジェクトで作成されたファイルをコピーして、、、

f:id:noriya_y:20110114021227p:image

Xcodeプロジェクトのwwwフォルダにコピーします。上書きしちゃってください。

f:id:noriya_y:20110114021228p:image

すぐに閉じたXcodeプロジェクトを開きます。

コピーしたファイルが取り込まれていますね。

f:id:noriya_y:20110114021229p:image

デバッグと実行ボタンを押すと、

f:id:noriya_y:20110114021230p:image

iPhoneシュミレーターが起動して、アプリが起動します。これ、iPhoneアプリです。

f:id:noriya_y:20110114021231p:image

WebアプリからiPhoneアプリができました。Objective-Cを直接触ることなく。

このままiPhoneへのインストールや、AppStoreへのリリースすればいいのですが、このやり方はまたの機会にするとして、

それよりも!

簡単にWebアプリケーションが作れるDashcodeなのに、マニュアルが少なすぎます。後日、この使い方を書いていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする